2010/03/30

楽しい我が家



いま読んでいる本
Alison Bechdel, Fun Home: A Family Tragicomic
Mariner Books 2006年

日本でも結構人気のあるレズビアンの日常を描いたコミック(ペンギンのレズビアン・アンソロジーにも入ってる)Dykes to Watch Out Forの作者アリソン・ベクデルのグラフィック・メモワール。
ベクデルが20歳くらいのときに事故とも自殺ともわからず亡くなったお父さんの思い出と、死後に残された謎、それに作者自身の青春とが時間軸を前後しながら語られてゆく。
このお父さんは葬儀屋(家業をついだ)兼高校の国語の先生。ちょっと変わっていてゴシック建築ふうの家を自分で直して住み、室内に本格的な装飾をほどこしたり(家族にも強要)庭の手入れをすることにはものすごく熱心だったらしい。子どもの着る服の組み合わせとかにもとても細かく、そして気難しいのか笑っているコマはほとんどない。

大学に入ったベクデルが両親に手紙でカムアウトして、そうしたらお母さんから「お父さんも他の男の人と関係を持ったことがあって…」って打ち明けられるところまで、いま読んだ(60ページくらい)。これがお父さんの死の約4ヶ月前。ぎゃー、続きが気になるけど仕事に行かなくちゃいけない、もう休んじゃってもいいかな、だめだよね。電車の中でまた読みます。

↓本にサインしているベクデルさん

ホームページもイラストがいっぱいだしブログもおもしろい。Dykes to Watch Out Forもほぼ全作が一冊になっているのが出てることがわかった。これも早く読みたいし!!もう仕事休んじゃってもいいかな、いいよね。でも今日はとりあえず行こう。


読んでるぜ!

そう、皆さんお気づきの通り私の持っているトイカメラにタイマー機能があることを発見しました。
しかし自分ばっか撮るのもなんなのでこれからは他の人に私が読んでる本を持ってもらって撮りたいと思ってるの、どうかなみんな、映ってくれるかな。

ちなみにまったく関係ないけどこの写真の↑髪形はDelusional Downtown Divasのスワンだよ↓
これ、私の好きなエピソード↓ パフォーマンス・アートの極限を突き詰めるべく(アブラモヴィッチとかとは全然違う意味で)グッゲンハイム美術館にキャンプを張る三人娘。

Night At The Museum (episode 8, season 2) from Lena Dunham on Vimeo.



他のエピソードも全部Index Magazineのウェブサイトで見られる。もうこの人生ではこういうダラダラしたお金持ちのアート・スノッブみたいになることはないと思うしなりたくもないけど(そうは言ってもこのドラマ?のなかでもその全てがジョークなんだけど)、洋服のセンスは見習いたいと思う次第です。

おお、完璧遅刻です。

0 件のコメント: