2010/04/15

ダイアモンドは傷つかない


これから出る本
Beth Ditto + Michelle Tea,  Coal to Diamonds: A Memoir
Spiegel & Grau 2010年9月刊行予定

べス・ディットーがミシェル・ティーと共同でメモワールを書く。すごい。わたしとチームメイトでやっているキャシージンではそれぞれ別に特集したことがあるくらい思い入れのあるふたりだ。どういう形の共著なのか、序文をティーが書いているのか、聞き語りなのか、もっと違うコラボレーションなのかはわかりませんが、とにかく期待しています。雑誌『ビリーバー』で読んだティーの「べス・ディットーとパリコレ」紀行も、ものすごくよかった。

べスの人生が振り返られるということでは、オリンピア、そしてポートランドに移り住んでからバンドが現在のスターダムにのし上がるまでの話も、さぞおもしろかろう。イギリスを中心にヨーロッパでのファッション・セレブ的な人気と、アメリカでの認知度の温度差(今はもはやそんなこともないのかもしれないけど)も興味深い。でも私はやはり南部(アーカンソー州)出身のべスの、クィア・フェミニスト・ティーン時代の話がミシェル・ティーによってどんなふうに引き出され、語られるか非常に興味があるの。

ティーの『ヴァレンシア』の中にも、ジョージア州出身のガールフレンドの実家について行ったときのこと(ティーの言葉では「文化人類学的リサーチ」)がまる一章分書かれている。小学生の女の子に「同性愛者、自殺しろ!」と叫ばれて、もはや「失せろ!」とか「死ね!」ではない「具体的な」罵倒(つまり周囲の大人の話からゲイ=自殺する人と思っている)に度胆を抜かれたり。彼女の幼馴染みの男の子の家の、壁に猟銃やら武器がたくさん飾ってある部屋でドラッグをやったり、その隣の部屋ではその子のお父さんもキマッってぶっ倒れていびきをかいていたり。「この町でいちばんブッチ」と呼ばれてモテモテのダイクはビリー・アイドルのような格好で真っ赤な口紅をつけていたり。ティーにとっての驚きの体験がいろいろ書かれている。なんかあるなと思う、それはもちろん。

カーソン・マッカラーズ(ジョージア州出身)について、友だちのキム(テネシー州出身)と話しているとき、南部の町での青春時代について聞くと、ハーモニー・コリン(テネシー州出身)の映画はリアルすぎる、ほぼあのまんまだと言っていた。ああ、そんなことってあるだろうか。 わたしたちはやっぱりどこかで寓話だと思って呆気にとられたり涙ぐんだりしていたように思うけど。まあ、そんなこといって「そんなわけねえだろ!!」って怒る南部出身の人はたくさんいるだろうけど、いやいやしかも「南部」って広いし、ってね。↑ハーモニー・コリンの新作『トラッシュ・ハンパーズ』はイメージフォーラム・フェスティバルで上映されますね。破壊の創造性、って言うのは簡単だけどこんなのできねんだ普通はさ。

余談につぐ余談ですが、この間ゴシップが来日したとき珍しく三人揃ってワイドショー番組のインタビューに答えているのを目撃してしまった。べスはいつも通りやかましくてキュートなイロモノ、ハナも意外にかわいいスマイルでそれほど違和感なしなんだけど、さすがにネイサンには「ちょ・やだやだ、やめて、そんなとこに出なくていいのよ」って焦っちゃったよ。なんて言ってもネイサン・ハウドシェルは「2006年キャシージンが選ぶ最もセクシーな男」(キャシージン1号参照)なんだから、セクシーなつぶやき声で(単に声がちっちゃい)スタジオのテリー伊藤に「テリサーン」とか呼びかけてるの見たらなんか色々な意味で恥ずかしくなっちゃったよ。

昔ネイサンのブログで、実家に帰ったときにお父さんの銃を握った両手をクロスさせてポーズしている写真を見たときの軽い衝撃を思い出す。燃え上がるようなボサボサの髪にキャップをかぶった赤い顔のお父さんと、ダークなアートの香りあふれる息子。この人もアーカンソー出身なんだやっぱりと、知っていたけど改めて思っちゃった。



ザ・ゴシップ。左の写真から右の写真まではアッという間だった気がする、まあその前がそれなりに長いけど。でもなぜか彼女たちはどんなに有名になって大きな会場でライブやってチケット代が高くても、ベスがパリ・コレの常連になっても、セルアウトだとは感じないのである。そんな話じゃ全然ないの。もっとやれー、燃えろ、揺るがせ、破壊せよ!!って思う。






まあまったく100%関係ないけど

キライじゃないの。

0 件のコメント: