2010/05/25

Whip It!



「シェリーって好きになれない」彼女は言った。「わたしも好きじゃないな」サムも同意した。「なんか子どものころローラースケート場にいた意地悪な女の子を思い出しちゃう。」 まったく何を言ってんだか。そんなのとっくに市民権を得た美学じゃないの? すべからくダイクはローラースケート場のいじめっこの雰囲気を再現すべし、だと思っていたのに、違うんだろうか。もしかしたらシェリーは王道を行きすぎているだけなのかもしれない。
-ミシェル・ティー『ヴァレンシア』より

上の引用で話題になってるシェリーっていう子はあだ名が「スペースガール」っていうの、「宇宙人からよく話しかけられる」といつも言っているから。とにかく大ボラ吹きというか最高な話をでっちあげる天才で、「トレーラーパークに住んでた子どもの頃、川で小魚採ってるビッグフット(雪男みたいなやつ)見た」とか自分の下唇は小さい頃に犬に噛み千切られて、お母さんの体のものすごいところ(本文を読んでのお楽しみ!)の皮膚を移植して再生した、とかそういうことばかり言っている。他の誰かがちょっとすごい体験を話して得意になっていると、負けじと「あ、でもこっちなんかさー」とすぐにもっとすごいことをでっち上げてつぶしにかかってくるの。意地悪だねえ、注目されたいだけってちゃんとわかってるけど。いましたよね、そういう子って小学生の頃とか。シェリーは大人になってもやってるので煙たがられてるけど、大人な分細かくて、ぶっ飛んだ話を作り上げるからかっこいいっちゃかっこいい。

それはそうと、気づいたら『ローラーガールズ・ダイアリー』(原題:Whip It!)が公開されていた。
見ていないからなんとも言えないけど、勝手にBUST magazineぽい作品かな、というイメージを持っている。タフでチャーミング、インディー・ポップ・カルチャーの中のおしゃれで楽しいフェミニズム。
でもなんつってもここ最近ガールギャング映画をあまり見かけないような気がするから、ローラーダービーのチームに入る話ってだけでワクワクする。しかもちょっと見る限り、主役のエレン・ペイジは置いとくとしても、このギャングたちがみんな強くてやかましくてちょっと意地悪そうな(でもほんとは優しい)30代じゃんか、だいたい。そういう人たちの人生の中心に、恋愛とか仕事とか結婚とかセックスとかザ・シティとか以外のものがあったっていいはず。この映画で彼女たち自身のチームワークとガールフッドが中心に描かれているのならさぞかし胸がときめくだろう。だってこの予告編↓の1分過ぎくらいのところでドリュー・バリモア(本作の監督でもある)が「マスコットにでもなれば」って意地悪なこと言って周りの皆がガハハハと笑うところだけで、私はもうジタバタしながら繰り返し見すぎて夢に出そうです。優しくて元気な人がちょっと意地悪なのっていい。


というわけで余談となりますが、わたしの「ガバッと意地悪そうなとこがたまんない」エピソードをもって、このまったくまとまりのない話の結びの挨拶とします。

前にとあるお店でひとりでお茶を飲もうとして、「これを豆乳に替えられますか」みたいなことを聞いたとき、私の話し方があまりにこちゃこちゃしてるせいか注文聞きにきたお姉さんがものすごい眉根よせて「え!?」って聞き返してきて、即座に(やっべー素で聞いちった)って顔したときがあって、最高だった。あと、縁日の屋台でシール売ってた元ヤンふうの声がしゃがしゃがにハスキーな女性がですね…(恥ずかしいので続きを聞きたい方は直接会ったときとかにね)



出演しているイヴとジュリエット・ルイス、プレミアにて。なんかまさにBUST magazineぽい写真。

監督して出演したドリュー・バリモア。
クッキー・ミューラーの伝記映画が作られるなら主演は断然ジャガー横田だって思ってたけど、ドリューもかなりいい線に思えます。

0 件のコメント: