2011/10/01

ZTWOF #2 春のヘビーローテー



DIY 大阪ジンフェアを主催するTeam Havin Funのもうひとりはアンナさん。
たくさんジンを作っていて、どれもこれもがしれーっと傑作の驚異のジンスタ。前回の大阪ジンフェアのときもテーブルにいっぱい並べてて、ぎゃーと興奮しながら買いました。

まず、「春のヘビーローテー」ってやつね。
(表紙)
(裏表紙)

字のあんまり書いてないジンは困ってしまうことがたまにあるのだけれど(アート音痴なのか)、これは最初に見たとき全部のページで笑っちゃったし、何回も何回も飽きずに見てしまう。あーおもしろい。この絵!
「読みタイ本 むぎの花」だって!
なんなんだいったい!

あと「雨のサラリーマン」「自分のゴミ」とか。説明のしかたが全然わからないがかわいくてかなり変、ニヤニヤする。
もう夏も終わるし新しい季節ものがジンフェアで発表されているかもと思うと、気が気じゃない。

そして「全米が泣いた」

日本人のボーイフレンドとの会話やケンカ、文化や言葉の違いにとまどったりそれを超えてゆく日常をイラストとともにつづったジン。と書くとへーって感じになってしまうけど、違うの! 親密になっていくにつれて作られてゆく自分たち特有のボキャブラリーやギャグ、なんらかのコードのようなもの。どんな人たちのであっても外から見たら変だし、全米、全然泣けない。でもつまらないはずがないのだ。

孤独な愛のユニバースのユニークさが、このイラストでしみじみと伝わってきます。

そのほかにも、日常生活を切り取った(はずが何でそうなるんだ!)スケッチ・ジンとか、スプリットジンのはずが勢い余ってアンナのパートが8割くらいになっちゃってるやつとか、いろいろあるのです。


「このフリペめちゃいいことが書いてアルぜ!!」っていうのがタイトルなのかな


とにかくいつも次に出るジンがとっても楽しみ。
ちなみにDIY 大阪ジンフェアのポスター↓もアンナが書いてる。



それにしても、久しぶりに夜道で立ち止まってジン読みながら帰った! 自転車はいいけど、これができないのがちょっとね。

0 件のコメント: